マンションの火災保険で気をつけたいこと④【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

ご予約はこちら

マンションの火災保険で気をつけたいこと④【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

マンションの火災保険で気をつけたいこと④【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

2020/11/04

洗面台は建物?家財?どっちで補償する?

どんな時でも万全な準備を!

愛知を中心に東海地域で活動するファインシャルプランナーの前田です。

 

今回は実際に合った事例でお伝えします。

お客様で自宅の洗面台が割れてしまいました。

 

なぜ割れたのか?

化粧品のビンを滑って落としてしまいました。

 

この洗面台は火災保険で補償されるのでしょうか?

 

全ての火災保険で補償される訳ではありません。

補償は「破損・汚損補償」になります。

 

破損は「あっ、やっちゃた!」を補償してくれます。

 

例えば、模様替えで家具を動かしていたら、

滑ってドアを壊してしまったなどもあります。

 

破損は全ての火災保険についている訳ではありません。

ネット系の保険会社ではつけれないこともありますし、

大手の代理店でも付帯することを推奨しないこともあります。

 

推奨していない理由は

お客様からの請求が多くなると手間だと考えているからです。

 

しかし、消費者から考えればとても有難い補償なのです。

今回の洗面台の補償も破損補償で賄うことが出来ます。

 

あとは洗面台が建物なのか、家財道具なのかで、

破損補償が付帯されていても対象外になることです。

 

建物補償は住宅ローンの関係から補償されています。

家財については、自由付帯になっていますので、

加入していない方もしばしばいらっしゃいます。

 

洗面台はさて、建物なのでしょうか?

家財になるのでしょうか?

 

 

正解は「建物」になります。

定義としては最初からついているものは建物です。

 

賃貸で言えば、洗面台は最初からついています。

洗面台は賃借人の物ではなくて、大家さんの物です。

 

先日もキッチンはどちらですか?

と質問いただきました。

 

キッチンも建物です。

 

洗面台の話に戻りますが、

洗面台が割れたのは建物の破損になります。

 

割れた洗面台は丸ごと交換になりましたので、

結構な金額になりました。

 

保険にしっかりと入っていて

救われた事例です。

 

マンションの火災保険は10年で10万円ぐらいですので、

とても助かったとおっしゃっていました。

 

多くの方が正しいの保険の入り方に気づいていません。

納得した補償で納得した金額で加入を考えましょう。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。