ご予約はこちら

ブログ

面倒だな!2020年からの年末調整を教えます!【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

2020/11/21

2020年の年末調整を教えます!

何か面倒だな!でも税金を理解すると生涯お得になる。

愛知を中心に東海地域で活動しているファイナンシャルプランナーの前田です。

 

2020年も残りあと1か月少しです。

今年の年末調整って何か面倒なことが増えましたね。

 

だけど前向きに考えると、

税金のことを知るチャンスです。

理解することで今後必ず役に立つことになります。

 

1つ1つ説明していきます。

 

まずは左側部分の「基礎控除」です。

基礎控除は会社員、公務員、フリーランスの方でも

一律に控除できる部分です。

 

源泉徴収票にも基礎控除額は一律なので、

どこにも書いてありませんでした。

 

しかし今年から基礎控除額が変更になったこと、

一律にみな同じということではなくなりました。

 

基礎控除額は

(2019年まで)38万円

(2020年以降)48万円

となりました。

 

基礎控除額が10万円増ました。

 

基礎控除額が増えた要因は、

働き方として会社員としてのカテゴリーだけでなく、

フリーランスで働く人が増えてきています。

 

働き方の多様化に税金の仕組みを合わせる為です。

 

では会社員にとっても基礎控除の増額はプラスなのか?

 

給与所得控除と合わせて差し引きで調整されています。

 

給与所得控除がマイナス10万円となり、調整されました。

 

また高額所得を得ている給与所得者には事実上の増税があります。

所得2400万円を超える人の基礎控除の減額です。

所得金額
基礎控除額
2400万円以下
48万円
2400万円超~2450万円以下
32万円
2450万円超~2500万円以下
16万円

高額所得者には基礎控除額を減らして、

課税所得を増やしました。

 

今回はこの基礎控除額を計算するために、

年間の所得を見積もって提出することになりました。

 

仮に、

昨年の年収が600万円で今年も大きく変わらないのであれば、

収入金額を600万円と書き、所得金額は裏面にある、

給与所得控除を計算して、差し引いて記入します。

 

(計算例)

収入金額 600万円

給与所得控除額 164万円

(600万円×20%+44万円)

所得額 436万円

(600万円-164万円)

 

すると判定は900万円以下となり、

基礎控除は48万円となります。

 

続いて「配偶者控除」です。

 

先程の判定は(A)で900万円以下でした。

本人の所得金額が900万円を超えると

配偶者控除の金額が変わってきます。

所得金額
配偶者控除額
900万円以下
38万円
900万円超~950万円以下
26万円
950万円超~1000万円以下
13万円
1000万円超
無し

所得が900万円以下であれば、

満額38万円で900万円を超えると段階的に減り、

1000万円を超えると配偶者控除額が無くなります。

 

配偶者控除は配偶者の収入が1

03万円以下と聞いたことはありませんか?

 

現在は151万円です。

 

仕組みとしてはこんな感じ

 

給与所得控除55万円

基礎控除48万円

配偶者の所得48万円以下

 

55万円+48万円+48万円=151万円

 

配偶者特別控除になれば、

配偶者の所得が95万円以下であれば満額になりますので、

55万円+48万円+95万円=198万円

 

配偶者の所得は198万円以下であれば、

本人の配偶者特別控除は38万円(本人所得900万円以下)

受けれることになります。

 

よく社会保険と税金のことがごちゃごちゃになり、

難しいところですが、

配偶者控除、配偶者特別控除の満額は198万円です。

 

また気にしてほしいのは、

ご本人の会社での家族手当の制限はどうなっているのか。

 

103万円を多くの会社で制限設けていることが多いようです。

家族手当でどれくらい受け取っているのか?

 

配偶者の収入が増えたことで、

家族手当がどれぐらい少なくなるのかは確認しておきましょう。

 

このように、2020年の年末調整から

自分で計算する部分が出てきて難しくなっていますが、

税金に強くなるチャンスと捉えて頑張ってみてください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。