住民税課税決定通知書が届く時期になりました【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

ご予約はこちら

住民税課税決定通知書が届く時期になりました【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

住民税課税決定通知書が届く時期になりました【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

2021/06/14

愛知を中心に東海地域で活動しているファイナンシャルプランナーの前田です。

梅雨入りは早かったですが、梅雨の中休みが長いですね。

 

6月は「住民税決定通知書」が届きます。

下記の写真のような紙です。↓

住民税は所得税とは違い確定した金額を納める税金です。

2020年の確定した所得で2021年に税金を納める仕組みです。

 

住民税は1年遅れになりますので、新入社員の人たちは今年は納税が無くても、

来年から始まることになりますので、入社1年目よりも2年目の方が給与が上がっていても、

手取りが少なくなるのは「住民税」を納めるようになるからです。

 

ところで、皆さんは節税を意識していますか?

税金は仕方ないものだと、何も工夫せずに金額をそのまま納税していませんか?

 

工夫をすれば、節税が出来ます。

お金に関すること、税金のことなどに知識を持とうとしている人は

以前よりも増えていると思いますが、まだまだ多くの方がそのまま納税しています。

 

弊社の相談では、「源泉徴収票」や「住民税決定通知書」を持参いただくようにしています。

 

この紙1枚をみるだけで、その人のお金に関するリテラシーが分かります。

給与は上げることは難しくても、手取りを増やすのは簡単です。

 

納める「社会保険」や「税金」は増えていますので、実質の手取りが減っています。

 

いかに手取り額を増やすのか、考えてみませんか?

 

例えばふるさと納税を活用してみるのも1つですね。

ちょっとした工夫で手残りを増やすことが必ず出来ますよ。

 

気になる方は「住民税決定通知書」を用意して、ご相談ください。

税金の関連記事はこちら

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。