ペット保険ってどういうものですか?【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

ご予約はこちら

ペット保険ってどういうものですか?【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

ペット保険ってどういうものですか?【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

2020/10/07

ペット保険ってどういう補償?

愛知県を中心に東海地域で活動しているファインシャルプランナーの前田です。

 

先週は東証のシステム障害で1日取引が停止になりました。

 

株式取引されている人は

ドキドキした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そのシステム障害があった日に上場する会社がありました。

「アイペットホールディングス」です。

 

アイペット損害保険会社は

2012年、マザーズに上場していましたが、

今回は持ち株会社化することで、親会社の上場です。

 

アイペットと言えば、

「ペット保険」の大手になります。

 

稀にペット保険のことについても質問頂くことがありますので、

今日は簡単にペット保険ってどういうものなのかお伝えします。

 

ペット保険には大きく2つあります。

 

①公的な健康保険と同等の保険

②民間の医療保険と同等の保険

 

①公的な健康保険と同等の保険とは?

 

人間で言えば、

風邪を引いたり、ケガをしたりと

病院に行ったりしますね。

 

我々は医療費の全てを負担する訳ではありません。

窓口では3割負担であり、

総医療費が1万円であれば、3,000円お支払いすれば良いことになっています。

 

ペット保険も同等に

通院した時、入院した時、手術した時の負担が

5割負担、3割負担になっている保険があります。

 

10割全額になると、

大きな金額になりますが、

 

負担割合が少なくなることで

万が一の医療費負担が下がります。

 

健康保険も我々のお給料の一部から

保険料を毎月支払うのと同等に、

 

ペットの種類、大型、小型、年齢などから

保険料が決まり、毎月または年間で納めていきます。

 

②民間の医療保険と同等の保険とは?

 

民間の医療保険の補償は

入院した時に1日5,000円のように、

条件が入院した時や手術など決まっています。

 

ペット保険のこのタイプは

手術した入院費用に対して9割まで補償していきます。

 

入院、手術などの要件が必要のため、

通院治療などは補償対象外になります。

 

こちらの保険もペットの種類、大型、小型、年齢により

保険料が変わってきます。

 

公的保険タイプよりも

発生頻度が低いため、保険料も割安になります。

 

人間と同様、

健康で長生きしていくには、

治療や予防は勿論必要になってきます。

 

お金がネックになり、

治療をあきらめることになるかもしれないのも

人間と同様です。

 

愛するペットのために、

より良い治療を考えたいのであれば、

ペット保険はあったほうが良いでしょう。

 

ペットを飼うにも楽しいことばかりではなく、

責任と義務はしっかりしていきましょう!

医療保険の関連記事はこちら

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。