プレイステーションの価格と株価の関係は?【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

ご予約はこちら

プレイステーションの価格と株価の関係は?【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

プレイステーションの価格と株価の関係は?【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

2020/11/13

プレイステーションの価格と株価を確認する

プレイステーション5が発売しました!

愛知を中心に東海地域で活動しているファイナンシャルプランナーの前田です。

 

ソニーから新しく「プレイステーション5」が発売されました。

私自身はゲームをほとんどやらないのですが、

初代プレイステーションは購入をして遊んだことがあります。

 

新しくなるごとにゲームの鮮明さ機能はバージョンが良くなってきていますが、

今回はプレイステーションの価格について振り返ってみます。

 

プレイステーション1
1995年発売
39,800円
プレイステーション2
2000年発売
39,800円
プレイステーション3
2006年発売
49,980円
プレイステーション4
2014年発売
41,979円
プレイステーション5
2020年発売
49,980円

続いて過去20年間のソニーの株価推移もご覧ください。

私はゲームの専門家ではないので、

機能のことは語ることができません。

 

しかし少なからず、

ゲーム機のヒットと株価には関連性があるのではないかと考えれます。

 

プレイステーション2が歴代では最高の販売台数です。

2000年前後の株価はソニーも過去最高値をつけています。

 

ゲーム機のヒットだけでなく、2000年はITバブル絶頂期です。

ITバブルの崩壊と共に株価も下降しています。

 

その後2006年にプレイステーション3を販売しています。

価格は強気な49,980円で、前作よりも1万円上がっています。

 

2006年前後は株価が上昇しています。

その後はアメリカの住宅バブルなどもあり、

景気がかなり上向いていくにつれて、株価上昇していますね。

 

その後2008年のリーマンショックあたりから、

世界的株安と同じように再び下落です。

 

この辺りからソニーの低迷が続きます。

満を持して2014年にプレイステーション4の発売です。

 

価格は前作の3よりも安く設定しています。

41,979円でより買いやすい値段にしてきました。

 

この辺りでは対他のゲーム機ではなく、

対スマホゲームになってきています。

 

スマートフォンの普及でゲームもスマホでする時代になってきていました。

2014年あたりから株価は再び上昇をしています。

 

プレイステーション4のヒットというのもありますが、

ソニーはゲームだけではなく複合企業です。

 

赤字事業の切り離し、

代表的なのはVAIOの売却ですね。

 

事業の立て直し、採算が合う事業への積極投資をして

復活をしてきています。

 

過去を振り返ってみるとプレイステーションの新作投入後は

株価上昇している傾向がありますが、今回はいかがでしょうか?

 

年末に掛けて注目してみても面白いかもしれませんね。

資産運用の関連記事はこちら

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。