コロナウイルス感染症の保険対象についてまとめました【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

ご予約はこちら

新型コロナウイルス感染症での保険金支払いについてまとめました【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

新型コロナウイルス感染症での保険金支払いについてまとめました【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

2020/09/25

新型コロナウイルス感染症の保険金支払いについて確認

これから冬に向かって今一度警戒していきましょう

愛知県を中心に東海地域で活動しているファイナンシャルプランナーの前田です。

 

新型コロナウイルス感染症の保険金支払いについて今一度確認します。

 

新型コロナウイルス感染症は入院給付金、死亡保険金の対象となります。

傷害保険の入院給付金、通院給付金も感染症特約を付帯することで対象になります。

入院給付金
死亡保険金
災害保険金
医療機関
みなし入院

みなし入院とは・・・

①本来は入院が必要であるが病院のベッドが満床で入院できなく、

別の施設(ホテル、公共の施設等)で療養していること。

 

②本来は入院が必要であるが、病院のベッドが満床等の理由で、

入院することができなく、自宅待機していること。

 

新型コロナウイルス感染症は病院で必ず入院するとは限りません。

医師の指導の下、自宅待機等も本来入院が必要な日数を証明すること。

 

診断書または自治体が発行する証明書を給付金請求に添付することで、

日数分に応じた給付金が受けてれます。

 

テレビCMやネットCMではコロナ保険みたいのが、

話題になっていますが、本来加入している保険からも

給付金が下りることがほとんどです。

 

無理に今加入するというよりは、

必要性を考えて加入を検討しましょう!

経済・景気の関連記事はこちら

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。