第3波が来ていますので、今一度確認を・・・【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

ご予約はこちら

第3波が来ていますので、今一度確認を・・・【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

第3波が来ていますので、今一度確認を・・・【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

2020/11/26

第3波が来ていますので今一度確認ください。

コロナと生命保険は・・・

 

愛知を中心に東海地域で活動しているファイナンシャルプランナーの前田です。

 

新型コロナウイルス感染症の第3波が来ています。

 

GoToキャンペーンも制限が出たり、

経済との両立を目指していかなければならない。

バランスが難しいですね。

 

新型コロナウイルス感染症に罹患してしまった時の

保険について今一度確認します。

 

コロナ保険が発売されてもしますが、

今加入している保険でも基本的に対応できます。


☆入院時の対応

感染して医療機関に入院した時、

医療機関以外の宿泊施設で療養している場合、

自宅療養している場合、

すべて医療保険の対象です。

 

医療機関の入院であるならば、

給付金請求書、感染証明(検査結果など)、領収書のコピー等

 

医療機関以外の療養、自宅療養の場合

上記書類以外に自宅療養証明書、感染の状況報告書など

 

※保険会社、入院日数、手術有無等により必要書類が変わります。

加入している保険会社に詳細は確認ください。

 

その他、

医療保険以外でも見舞金を給付する保険もあります。

 

☆死亡時の対応

新型コロナ感染症での死亡は保険金の対象になります。

「災害割増特約」も対象になります。

 

 

 

☆その他

傷害保険の感染症特約も対象になります。

ケガの保険というイメージが強い傷害保険も給付金がお支払い可能です。

 

コロナ後の収入減少が心配だという方は

会社員、公務員等であれば「傷病手当」が対象になります。

 

自営業の方で収入が心配の方は、

入院した時の一時金が多く出る保険でカバーすることが対応としては最適です。

 

最近はどの人とお話していても、

コロナが身近になってきていると感じています。

 

万一の保障を確認しましょう。

 

医療保険の関連記事はこちら

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。