台風での被害は火災保険で【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

ご予約はこちら

台風での被害は火災保険で【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

台風での被害は火災保険で【愛知のファイナンシャルプランナーがお伝えするお金の話】

2020/09/07

台風での被害は火災保険で

台風のシーズンは秋が本番

愛知県を中心に東海地域で活動しているファインシャルプランナーの前田です。

 

台風10号が九州地方を中心に襲いました。

東海地域もこれだけ離れていたのに豪雨、強風で交通機関にも影響が出ていました。

 

台風はこれから秋にかけて多く発生します。

気象庁の発表によると、毎年9月の台風発生数は

2019年9月 6つ

2018年9月 4つ

2017年9月 4つ

となっています。

 

台風は雨の災害もありますが、多いのが風の災害です。

 

窓ガラスが割れたり、物が飛んできたりして壊れてしまいます。

そんな時に助かるのが「火災保険」です。

 

火災保険は自然災害も補償対象になっており、台風での災害を補償します。

 

火災保険などの損害保険の支払要件は

「偶然かつ突発的な事故」です。

 

あくまでも経年劣化は支払対象外になります。

劣化も一緒に請求することを促すような業者もあると聞きますが、

劣化は支払対象外と覚えておいてください。

 

大事なのは被害を未然に防ぐようにすることと、

被害に合ってしまった時も困らないようになっているかリスクマネイジメントをしておきましょう。

火災保険の関連記事はこちら

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。